転職する人が知っておくべき心得

転職する前に知っておくべき事について

イメージだけで判断しない事

面接時のマナーについて

当然ですが、面接前から転職先の人間にはしっかりと観察されているのです。
社会人としての立ち振る舞いや言葉使いや一般常識の有無について様々あると思います。
ここでは、そんな面接時のマナーについて書いています。

転職するので新卒扱いではなく中途採用の扱いになります。
最低限のマナーは当然のごとく心得ていると思われています。
ビジネスマナーがしっかりしている人と言うのは仕事をする上での即戦力として使えると思われているのでしっかりとしていないと選考の時点で対象外とされてしまいます。

必ず面接時間の15分前には到着して受付を済ませスマホの電源は切り静かに待機しましょう。
そして面接時にはノックや一礼を忘れないようにして座る前にも一礼をするよう事を忘れないで下さい。
質問された事に対してはっきりとした口調で答えて重要だと思えばメモを取るなどして終了時には一礼と挨拶をしましょう。

内定が出た時のマナーについて

内定が出たらすぐに上司に報告をすると言う事は、すでにご確認いただいた通りです。
そして退職までにもきちんとマナーを守る事が大切です。
退職を切り出すのは最低でも1カ月から2カ月前に会社に切り出すようにしましょう。

その後に転職活動を開始するわけです。
そして、内定が決まってから退職願を会社に提出をして退職する時期を決めて引継ぎをする事です。
社外の人にも退職する旨を仕事の時に伝えておくとこの先の仕事でも支障をきたす事はないと思います。

ですが、有給休暇を消化する場合が多いのでその時に転職活動をする人もいるそうです。
それだと最悪の場合転職先が見つからない可能性もあるのでなるべく在職中に行う事をおススメします。